冬のギフトの熨斗と贈る時期について

ギフトには手提げの紙袋が付きます
ギフトには手提げの紙袋が付きます

冬の贈り物で悩むのが熨斗と時期

関東と関西では時期も違います
最近は関西でも百貨店の影響で、12月早々に発送のご注文が多いです

ここでは主に弊社が大阪の南河内にある為に、この辺りの考え方などを中心に簡単にお話しさせていただきます
熨斗文化は日本に伝わる素敵な文化です、楽しむくらいのお気持ちでお選びください。
ご購入の際のお悩みはどうぞお尋ねくださいね

通常熨斗紙は包装紙の下に(中熨斗)で対応しております。包装紙の上(外熨斗)をご希望の際は
通信欄などにご記入ください。
ギフト箱に懸け紙をかけている「六瓢豆」「冬のプレミアムすえひろとうまめ」は外熨斗になります。

豆菓子の進物すえひろじゅうにまめを持った姿
豆菓子の進物すえひろじゅうにまめを持った姿

冬の贈り物につける熨斗

冬のご挨拶と言えば「御歳暮」です

お歳暮の時期は、贈り先様の事を考えて、
年末の忙しい時に荷物が届くよりも早い方が良いのでは?
そして、百貨店なので早割などもあるので、
昨今では11月下旬から始まっています。
本来は12月13日が「正月の事始め」なので
その日から12月末まで良いとされています。
お正月に召し上がっていただく生鮮食品などは、
年末ぎりぎりが良いのかもしれませんね。
20日~25日までの間に届くのが今ではベストのようです。

楽豆屋の熨斗紙は熨斗の部分がデザインされたもので、これは「御歳暮」です

冬のご挨拶に「御年賀」もあります

新年のご挨拶としてお年賀をお配りしたり、1月1日元旦~3日の間のお呼ばれなどに持参するのは礼儀とされています。
また、会社などで年始の「初出」で従業員さんにお配りすることなども縁起物として用いられます。

最近では10日前後(松の内)まではお年賀をお配りされる方もいらっしゃいますが、特に関東ではこの辺からは「寒中御見舞」もよく使用されます

楽豆屋の熨斗紙は熨斗の部分がデザインされたもので、これは「御年賀」です

贈り物は相手を思う気持ち

贈り物は、相手様にご自分の思いを伝えるものです
それがお手紙やメール、SNSであってもかまわないと思うのです

何かを頂かれたことによって、お礼を言う、近況報告をする、懐かしい話に花が咲く
それはとっても幸せなことです。簡単に済ませることも、派手にしてみることも何事もセンスだと思います。

2020年の冬のギフトはネットでご購入、ネットから直接相手先様へ発送が大変多かったです。
しかし、2021年の冬の進物は、会社様でも持ち歩きされるところが増え、個人さまも御歳暮も御年賀もご自宅への配送がかなり増えた事から、人の動きが戻っていることを感じております。

すえひろじゅうにまめは小分けになっているので取り分けてお茶菓子に

贈り物におすすめなセット

冬のプレミアムすえひろとうまめ
大人の黒豆ミルクキャラメルや小豆ココアが特別に
入ったセット
限定の2種類を入れた10種類24個入り3780円
すえひろとうまめ
すえひろとうまめ
人気のセットで婦人画報さんに掲載のセット
10種類24個入り3240円
3000円の六瓢豆 無病息災
六瓢豆(むびょうまめ)-無病息災
掛け紙に無病息災のメッセージを込めたセット
6種類24個入り3240円
すえひろやっつまめ
すえひろやっつまめ
少し小ぶりのセットで2人暮らしの方へピッタリ
8種類16個入り2160円
すえひろじゅうにまめ
すえひろじゅうにまめ
12種類の豆菓子を楽しんでいただけるので
御呼ばれにもピッタリ
12種類40個入り5400円
ななついろまめ
ななついろまめ
7種類の豆菓子を1個ずつ可愛らしいプチギフト
7種類7個入り1080円

冨士屋製菓本舗楽豆屋の令和3年年内最終発送

お電話、サイトで27日12時までにお買い求め(決済が終了)いただきましたら28日発送にさせていただき、到着日時も12月29日~1月5日までお選びいただけます。但し、気象などの影響による遅延などもございますので、ご入り用の方はなるべく早くお買い求めください。令和4年年始は1月5日より発送開始させていただきます。
いよいよ年の瀬ですね、豆菓子屋は節分が終わるまで年越しとは言いません(弊社だけ?)節分の福豆の出荷が終わるまで、スタッフ一丸となって頑張りたいと思います。
その前にメリークリスマスかな?

クリスマスツリーのようにしてみたテトラの豆菓子のオーナメント

この記事を書いた人

楽豆屋

冨士屋製菓本舗 です。創業は大正2年ですので大阪で豆菓子を製造し100年を超えました、豆菓子だけの製造業者は全国の中でも本当に少なくなっています。
その中でもシンプルな豆菓子を作り続け、新しい味を生み出すことに挑戦をしてきました。
科学的に作られた味に頼るのではなく、素材本来の味付けで豆菓子の種類を増やしていくのに四苦八苦しながらも楽しんでいます。
小規模でやっていることから小ロットでの製造を心掛け、豆菓子の新鮮さを保てるようにし提供先は目の届く範囲でさせていただいています。
皆さまとの対話の中で生まれた豆菓子などもあり、季節限定品なども製造しております。