豆菓子・雀の玉子 大阪名物

豆菓子 冨士屋製菓本舗 FUJIYA 楽豆屋 ピーナッツ
豆菓子・雀の玉子 大阪名物

豆菓子 冨士屋製菓本舗 FUJIYA 楽豆屋 ピーナッツ
豆菓子・雀の玉子 大阪名物

豆菓子 冨士屋製菓本舗 FUJIYA 楽豆屋 ピーナッツ 百年豆菓子
 

楽豆屋のこだわり

100年製造者である冨士屋製菓本舗の豆菓子のこだわり

楽豆屋のこだわり

Commitment Rakumameya

「楽豆屋 ほんまもんの豆菓子」とは、一言で言いますと、㈱冨士屋製菓本舗製菓でしかできない、オリジナリティ溢れる豆菓子の創造です。
楽豆屋は、それを実現するために、次の3点にこだわって豆菓子つくり一筋に日々、努力を惜しみません。

楽豆屋のこだわり

1. 自社製造のオリジナル商品。仕入れ商品は一切なし。

2. ほんまもんの豆菓子を目指して、豆、ナッツ類は、勿論、
  味付けの素材にもこだわりの素材を使用。

3. 出来立ての鮮度へのこだわり。できるだけ、販売直前に、小ロットで製造し、
  鮮度保持に有効な材質の袋を使用し、いつでも出来立ての香ばしさ、
  風味を味わっていただけるよう心掛けています。

こだわり

1. 「オリジナル商品」へのこだわり

現在、楽豆屋の商品は、30アイテム以上あります。
これら、全ての商品は自社のオリジナル商品です。
単純なようですが、実は、これが一番難しいことなんです。
皆さん、OEM生産って言葉ご存知ですか? 「委託生産」って訳されます。
簡単に言うと、老舗の○○屋さんと言うお菓子やさん売られている商品は、必ずしも、そこで作られている商品ではないと言うことです。実際には、下請けの小さなお菓子屋さんで作られていて、それを、販売店さんのパッケージにきれいに包装されて、小売店で販売されているパターンが非常に多いと言うことです。小売店にとって、大切なことは、品揃えです、でも、現実には、1社で数十種類のアイテムを生産するのは、とてもたいへんです。そこで、品揃えを増やす為に、他社の商品を仕入れて販売するようになります。
われわれ、豆菓子業界でも、製造と販売の分業は、けっこう、進んでいます。
今まで、㈱冨士屋製菓本舗は、製造、卸の専門でした。
わたしは、この楽豆屋のブランドでは、自分自身で納得の行くよう、こだわって作った豆菓子だけを、できるだけ、直接、お客さんに届けたいという思いから、始めました。
平成15年に、楽豆屋をスタートしたときは、10種類から始まりました。
その時に、まずこだわったのは、オリジナル商品でした、当社でしかできない商品と考えた時、採用できるのは、3品しかありませんでした。当社でも当時から他に10種類以上ありましたが、それは、うちでなくても、他社でも充分、生産が可能な商品だったからです。3品では、とても、ラインナップ、シリーズとは、言えないので、まずは、オリジナルの商品開発に取り組みました、商品らしくなるのに、半年ぐらいかかったと思います。
今では、やっと、30種類以上、作れるようになりましたが、例え、これが40種類、50種類の増えたとしても、安易に仕入れ商品を増やすのではなく、すべて、職人の手作りによる自社のオリジナル商品を作り続けたいと思っています。

こだわり

2. 「素材・原材料」へのこだわり

楽豆屋の豆菓子作りは、芯の素材となる豆、ナッツ、ドライフルーツ類と、その外側に、味付ける原材料との組み合わせです。そして、芯の豆類と外側の味付けをつなげるのが、寒梅粉と小麦粉を両者の間に挟み、サクサクと焼き上げて食感を出しています。
素材として使う豆類は、落花生、大豆、黒豆、アーモンド、カシューナッツ、そら豆、えんどう豆などに加えて、日本でも楽豆屋だけのオリジナル素材、焙煎コーヒー豆、ひよこ豆、クランベリーなど、多種多様、全種で今のところ、10種類にのぼります。まずは、豆、ナッツの産地を吟味します。 大豆、黒豆に関しては、国産のものを、その他は、コストも考慮すれば、どうしても海外産になりますが、できるでけ、信頼できる専門の商社から、少量ずつを仕入れています。それら10種類の素材に対して、一番、素材その物の味を生かし、相性の良さそうな、あるいは、面白そうで、食べてみたくなる味付けの原材料と組み合わせてみます。
例えば、楽豆屋の一番人気、黒こしょうカシューは、フライカシューの濃厚な香ばしさと強烈なパンチの効いた黒胡椒をふんだんに使い、ビールに特にマッチングするようイメージして作りました。それに対して、唐辛子カシューは、パンチを効かすより、ちょっと辛さを抑えた荒挽きの唐辛子を飾りのようにまぶし、見た目辛そうだが、食べるとそれほど、辛くないと言う感じに仕上げています。このように、同じ素材でも組み合わせる原材料によって、味の強弱を変えたりしています。
そこで、楽豆屋の味付けのこだわりは、原材料の仕入れ業者も、専門のメーカーなどから、厳選された原料だけを、使用しています。たとえば、煎りごま、すりごまなどのごま製品は、超有名な「和田萬商店」さんから、直接買っています。
きなこ、黒豆きなこは、これも、NHKにも採り上げられた「向井珍味堂」さんから、唐辛子、七味も向井珍味堂さんの特注品を黒糖は、沖縄県の波照間ブランドの純黒糖を、などなど、それらを、できるだけ、少量で必要な量だけ、鮮度のあるうちに購入し、使用しています。
そのように、素材にこだわると、添加物の香料や、人工甘味料などは、できるだけ、必要最小限の使用にしています。但し、豆菓子つくりには、必ず、添加物の膨張剤(重炭酸アンモニウム、重曹)が必要なので、完全無添加の商品つくりは、難しいのが現状です。

こだわり

3. 「出来立ての鮮度」へのこだわり

皆さんは、店頭で買って、開封した豆菓子が、なんとなく油臭いと感じたことがありませんか?
落花生をはじめ、ナッツ類は、その成分に不飽和脂肪酸などの油分を含み、それを焙煎加工をした直ぐにはとても香ばしいのですが、日にちと共に、油分の酸化が始まり、次第に油臭を感じるようになります。
楽豆屋商品をはじめ、弊社の豆菓子全般は、その賞味期限を120日(4ヶ月)に設定しています。
そして、できるだけ、お客様の鮮度のよい香ばしい豆菓子を味わって頂けるよう、楽豆屋の袋の材質には、特に、こだわりました。包材メーカーと実験を繰り返し、特にバリアー性能に優れた(酸素を通しにくい、つまり、酸化しにくい)包材を採用しています。
各百貨店での催事販売、店頭販売でリピーターのお客様から頂く声に、楽豆屋商品の香ばしさが挙げられます。
「今まで、こんな香ばしい豆菓子を食べたことがなかった」とこれは、楽豆屋が、仕入れをしない自社の工場直売、そして、鮮度を保つため、できるだけ、小ロットで、催事販売の直前など、製造から、お客様のお口に入るまでの時間を、できるだけ短くなるよう工夫し、こだわっているからこそ、実現できることだと思っています。

豆菓子ができるまで

豆菓子ができるまで

How to make Sweets made from Beans

30種類以上ある楽豆屋シリーズ、その出来上がるまでをご紹介します。
楽豆屋は、1品、1品、職人によって、昔ながらの製法を継承して手作りされています。
その1品、1品は、豆、ナッツ類と味付けとの組み合わせによって決まります。
豆、ナッツ類は、落花生、大豆、黒豆、アーモンド、カシューナッツ、乾燥小豆、ひよこ豆、空豆、えんどう豆、そして、焙煎コーヒー豆、ドライフルーツのクランベリーの実などを使います。
それらに、様々な味付けをして、楽豆屋オリジナルの特徴ある豆菓子に仕上げていきます。
味付けには、定番の醤油から、きなこ、黒豆きなこ、抹茶、ごま、しょうがなど和テイストな味付け
唐辛子、黒こしょう、七味などの香辛料テイスト、そして、コーヒー、紅茶、メープル、ココア、キャラメルなど洋テイストとの組み合わせなど、様々なバリエーションで、正しく、楽しい豆菓子が出来上がります。
その出来上がるまでを、詳しく製造工程別にご紹介しましょう。

1. 原料の豆、ナッツへの粉かけ工程

生の落花生、アーモンドの実、焙煎された大豆、黒豆、ひよこ豆、フライされたカシューナッツ、フリーズドライ加工された小豆などの豆、ナッツ類の表面に、砂糖水を使い、寒梅粉(もち米の加工澱粉)を、ドラムを使い、職人が丁寧にまぶして行きます。 さらに、小麦粉をまぶし、仕上げます。

後で、焙煎され、もち米が膨らみ豆菓子の外側のカリカリっとした部分に仕上がりますが、この工程で、豆の1粒、1粒に均一に粉がのって行かないと、できあがりの大きさが不揃いになったり、柔らかすぎで、割れてしまたり、工程の中で、一番、職人的な部分です。

豆、ナッツ類はすべて、自然の産物なので、1粒、1粒、微妙に大きさ、形が異なります。 落花生のように比較的形に丸みのあるものは扱い易いのですが、カシューナッツの形や、空豆のように扁平な形のものは、とても難しいです。
ソフトに焙煎された大豆、黒豆は、ソフトな分だけ、粉かけの工程中にも、割れていってしまうので、それをすこしずつ除きながら、作業をして行く、とても手間と根気いる作業です。

2. 香ばしい焙煎工程

①で粉かけを終えた製品は、次に香ばしく焼き上げる(焙煎)工程へ向かいます。
画像のような特殊な豆菓子専用の焙煎機を使って、香ばしく焼き上げ(焙煎)られます。
同じ焼き菓子でも、クッキーやあられとは、また、ひとあじ焼き方(煎り方)が違います。
クッキーやあられは、鉄板や網に乗せられ、オーブンの中を進んで行き、オーブンから出てきたら焼き上がりと言う焼き方です。それに対して豆菓子は、丸に近い形のものを、まんべんなく転がしながら焼いていくために、網のかごに入れて、その網を横回転で揺らすことによって、豆もコロコロ回転し、豆全体に熱が当たり、全球的に膨らみ、中の豆、ナッツ類が香ばしく煎りあがってきます。
この工程も、非常に職人的な部分です。 冨士屋製菓ではガスの直火を使っていますが、豆それぞれで、微妙な焼き釜の温度調整が必要です。その上、春夏秋冬の季節によってや、乾燥した日、湿気の多い日によっても、煎り上り方が全然違うので何度cで、何分煎ったら出来上がりと言う訳には行きません。一日の中でも、朝一番と午後からでも微妙に釜の温度を調整しないといけないので、全て煎り上がりは、1回ずつ職人が味見をして仕上げています。

3. それぞれの味付け工程(仕上げ)

煎り上がった製品に最終仕上げの味付けを施します。
各商品の個性を際立たせるために、ここから、更に、一手間、二手間をかけて仕上げていきます。
②の焙煎までは、全て同じ工程を経ますが、ここから、それぞれの加工方法で、味付けを決めていきます。
大きく分けて次の3つの味付けに分類されます。

1)オーソドックスな醤油、のり、食塩や、香辛料などで味付けし、乾燥させる。
2)きなこ、黒豆きなこ、和三盆、野菜の粉末、抹茶、ココアなどの細かい粉状のものを全体的に満遍なくふり掛ける。
3)焙煎後の生地に、焚き込んだ黒糖、砂糖に、味付けの素材、生姜、メープルシュガー、豆乳などを混ぜ込み、専用の砂糖がけ機で、少量ずつ掛けて、乾かしの作業を繰り返しながら、仕上げる。
4)3)でまず、下味を仕上げてから、更に2)で、最終仕上げをして、完成させる二手間かけた仕上げ方もあります。例えば、豆乳きな粉大豆、トマトでひよこ豆など。

まず、①一本オーソドックスなのは、煎り上がった豆菓子に、醤油、のり、食塩などの調味料をかけて、乾燥さて、水分を蒸発さて、カリカリと仕上げるタイプです。雀の玉子が、冨士屋製菓の代表作です。

次に②煎り上がった生地に、細かい粉状のものをまぶす方法は、抹茶やきな粉などの素材をそのまま、まぶすので、素材の風味、香ばしさがダイレクトに味わえます。
例えば、抹茶を使ったクッキーやせんべいなどでは、生地に抹茶を練りこむため、焼き上げの工程でどうしても、抹茶の風味が、薄れてしまいます。
その点、この方法ですと、最終段階で、熱を加えず仕上げるので、素材の風味がそのまま活かされます。

ただし、商品によっては、素材に少しの砂糖を加えて、食べ易く風味を調整したりしています、例えば、わらび餅を食べるときに、きな粉に少し砂糖を混ぜるように・・。

③の砂糖がけは、液体やペースト状のものを風味よく残しながら、仕上げるのに最適です。
たとえば、しょうが黒糖大豆の場合は、しょうが汁と沖縄産の黒糖をほどよく焚き込み、それを仕上げていきます。 色々なペースト状のものも、そのままでは、使えないので、砂糖と焚き込みますが、その時の一番のポイントは、砂糖との甘さのバランスです。甘さが強すぎると、くどくなるし、かといって、素材ばかりでは、上手く乾燥できなかったり、そのバランスは、実際の試作を何度も繰り返して、つかんで行く方法以外にはありません。

②だけでも③だけでも、上手く素材の風味が引き出せない時は、②と③を組み合わせて、味付けのバランスを仕上げます。
詳しくは、楽豆屋オリジナルの秘密の製法なので、公開できませんが、梅やトマトなどの酸っぱいものをつくる時は主にこの方法を使います。

ご賞味頂くと分かるように、同じ豆、ナッツ類を使っていても、最後の味付けを変えることで、全然、風味の印象が変わります。

新しい商品を開発するとき、新しい素材にチャレンジするとき、まず考えるのは、どの豆、ナッツと組み合わせるが、一番、その素材の風味が引き立つか、まずシュミレーションしてみます。
それは、今までの経験と勘によるのですが、基本的には、濃い味のナッツ類(カシューや、ピスタチオなど)には、香辛料などの濃い味付けが、逆に大豆などの味のたんぱくな豆には、味付けの素材を活かす組み合わせがマッチングするような気がします。

4. 楽豆屋オリジナルパッケージの計量、包装工程

①~③の工程を経て、丁寧に少量ずつ仕上げられた豆菓子が、楽豆屋オリジナルのパッケージ袋にそれぞれ、計量し、袋詰めされます。

楽豆屋はここでも、手間を惜しみません。
自動の計量器等と使っていれると、どうしても、計量途中で、割れてしまったりした1粒が混じってしまうことがあります。
そこで、楽豆屋は、1袋ずつ手作業で、袋詰めを行って行きます。

以上のように、手間隙を惜しまず、昔ながらの製法を守りながら、新しい食材や素材にもチャレンジし、楽豆屋のオリジナリティー溢れる豆菓子は出来上がります。

メディア掲載情報

メディア掲載情報

Media

2020年2月29日発売4月号「婦人画報のお取り寄せ決定版2020」に掲載されました。

2020年2月29日発売4月号「婦人画報のお取り寄せ決定版2020」に掲載されました

婦人画報2020年4月号

2019年12月1日発売「婦人画報のお取り寄せ1月号」に掲載されました。

2019年12月1日発売「婦人画報のお取り寄せ1月号」に掲載されました

婦人画報2020年1月号

2019年6月1日発売「デザインノート」に掲載されました。

2019年6月1日発売「デザインノート」に掲載されました

デザインノート85

2019年1月24日発売「DEILY GIFT BOOK」オモムロニ。さんの本に掲載されました

2019年1月24日発売「DEILY GIFT BOOK」オモムロニ。さんの本に掲載されました。

DAILY GIFT BOOK オモムロニ。さんの本に掲載

2017年12月号雑誌「CREA(贈りものバイブル。)」の47都道府県手みやげリスト

2017年12月号「CREA贈りものバイブル。」の47都道府県手みやげリストでご紹介いただきました。

2017.12雑誌CREAに掲載
ちちんぷいぷい「酒井藍のまるまる密着1日」

2017年2月 毎日放送 ちちんぷいぷい「酒井藍のまるまる密着1日」で放送していただきました。

ちちんぷいぷい「酒井藍まるまる密着1日」で放送していただきました。
日本語のロゴ

2016年10月 デザイン誌「日本語のロゴメイキング」でご紹介いただきました。

2016年10月 デザイン誌「日本語のロゴメイキング」でご紹介いただきました。
2014.10.20.産経新聞

2014年10月20日 産経新聞 夕刊でご紹介いただきました。

2014年10月20日 産経新聞 夕刊でご紹介いただきました
2014.10.4発売11月号Richer

2014年11月号「Richer」でご紹介いただきました。

『Richer』に掲載いただきました。
2013.11.27 朝日放送ココイロ

朝日放送テレビ『ココイロ』で放送されました。

朝日放送テレビ『ココイロ』で放送されました。
2011.3.10 週刊文春 おいしい!私のお取り寄せ便  

週刊文春の「おいしい!私の取り寄せ便」に掲載されました。

週刊文春の「おいしい!私の取り寄せ便」に掲載されました。
読売新聞 朝刊全国版の経済面「会社東西南北」

読売新聞朝刊全国版の経済面「会社東西南北」のコーナーに弊社が紹介されました。

読売新聞朝刊全国版の経済面「会社東西南北」のコーナーに弊社が紹介されました。

読売新聞大阪版の経済面「会社東西南北 近畿」のコーナーに3日間連続で弊社が紹介されました。

読売新聞大阪版の経済面「会社東西南北 近畿」のコーナーに3日間連続で弊社が紹介されました。

季節の豆レシピ

豆菓子を使った季節の豆レシピ

季節の豆レシピ

Season of bean recipes

バニラアイスと豆菓子

・作り方・

1. お気に入りのバニラアイスをお皿に

2.クラッシュぎみの黒こしょうカシューを好きなだけ

*バニラアイスの甘さと、黒こしょうカシューのピリ辛がとてもおしゃれなデザートを食べているように感じますよ。

            レシピに使用したお豆はコチラ
バニラアイスと黒こしょうカシュー

キャベツと玉ねぎドレッシングにクラッシュ豆菓子

・作り方・

1. 旬のキャベツを3枚ほど小口切りに

2. 少しお塩をかけてレンジ専用容器で2分チン♪もしくはピッタリ蓋の閉まるお鍋でサッと蒸し塩ゆで

3. 黒こしょうカシューと和風あーもんどをビニールを4粒ずつくらいポリ袋に入れ、すりこ木などでたたく

4. キャベツが少ししんなりしているところに玉ねぎ(醤油ベース)のドレッシングをかける

5. たたいた豆菓子を食べる寸前にかける

*お好みで温かいうちでも、冷たく冷やしても美味しく食べていただけます。

レシピに使用したお豆はコチラ レシピに使用したお豆はコチラ レシピに使用したドレッシングはコチラ
ちちんぷいぷいで紹介されたキャベツと豆菓子のサラダ-冬レシピ

コンビニのソフトクリームと豆菓子

・作り方・

           

コンビニに豆菓子を持参

好きな味のアイスクリームに好きな豆菓子をトッピング

画像はベルギーチョコのソフトクリーム+豆乳きなこ大豆です

レシピに使用したお豆はコチラ
アイスクリームにトッピング-秋レシピ

キャベツとジャガイモで簡単サイドメニュー

・作り方・

1. ジャガイモを好きな大きさに切って水から塩茹でます

2. ジャガイモが茹で上がってお湯を捨てる時に、切ったキャベツをザルに入れておきその上からお湯を捨てます(柔らかいキャベツが好きな場合は一緒に茹でます)

3. ジャガイモはお鍋に残しておき、粉ふきいも(そのまま1分ほど乾煎り)にします

4. ジャガイモとキャベツをお皿に盛り、オリーブオイルをサッと一回りかけます

5. 『和風あーもんど』をクラッシュさせたものを食べる寸前にかけます

6. お好みで黒コショウやアンチョビなどもかけると大人な味になります。

レシピに使用したお豆はコチラ
キャベツとジャガイモで簡単サイドメニュー-春レシピ

トッピングでお刺身が簡単に変身!

・作り方・

1. 鯛やタコ、マグロなどのお刺身用をご用意ください

2. 添えるお野菜はお好きなサラダ用のものをこの時お野菜は水分が少ない物を選んで頂くと美味しく召し上がっていただけます。

3. 味付けは市販のお好きなドレッシングでも結構です(なるべくあっさりしたの)お勧めは美味しいエキストラバージンオイルをかけて頂き岩塩と黒こしょう少々です。

4. 『黒こしょうカシュー』と『唐辛子カシュー』を袋に入れてスプーンで押しつぶしたり、砕いたりお好きな大きさにして頂くと味の決め手になります。

◆注意◆
黒こしょうカシューや唐辛子カシューは食べる寸前にかけて頂きますと、歯ごたえも美味しいカリカリっとした食感を楽しんでいただけます。

レシピに使用したお豆はコチラ レシピに使用したお豆はコチラ
トッピングでお刺身が簡単に変身!

レンジで黒豆茶

・作り方・

1. コップに食べれる黒豆茶をコップ底に一並びくらい
入れる(お好きな量で結構です)

2. お水を注ぎ入れる

3. 500wのレンジで3分程度
(濃いものがお好きな方は長い目に)

4. ふやけた黒豆もそのまま食べていただけます。(ダイエットにもいいのでは?)

レシピに使用したお豆はコチラ
レンジで黒豆茶

食べられる黒豆茶のヤカンで作る沸かし方

・作り方・(一袋30gの場合)

1. お茶の葉を煮出す用の袋に黒豆を入れます。

2. 18Lのヤカンに水の時から1をいれまして、沸騰して8分吹きこぼれない程度の火で沸かします。

3. 温かいままでも冷やして頂いても美味しく香ばしく濃い目で召し上がっていただけます。

レシピに使用したお豆はコチラ
食べられる黒豆茶のヤカンで作る沸かし方

黒豆茶に使った黒豆

・作り方・

1. 黒豆茶に使った後の豆(一袋30gだったもの)
https://www.rakumameya.com/SHOP/ku-05.html

2. お米3合を洗い3号分の水の分量で用意してください

3. だし昆布10cm角の物を一緒にいれると益々美味しいです。

4. 2に1と3と塩小さじ1杯半をいれて軽くかき混ぜて、水の味をみてみる味がもう少し濃い方がよければ塩をお好みでたしてください。

5. 炊きあがったらお昆布を取り出しできあがりです。

◆注意◆
黒豆ですので早くから炊きあげて保温にしておきますと腐りやすいです。炊きあがったものは密閉して冷凍にして頂くと1週間くらいは美味しく召し上がっていただけます。

レシピに使用したお豆はコチラ
黒豆茶に使った黒豆

ページトップへ